2013年01月25日

押し付けられてきた円高デフレ

ようやく日銀が安倍総理が推し進めるリフレ政策を受け入れる形になりました。

リフレは、インフレ目標を2%に設定し
ゆるやかなインフレ誘導を行い景気を回復
させるというもの。

デフレは左翼リベラルが好んで進める政策で
国力を弱体化させる考え方です。

また、不景気になると必ず出現する
貧困ビジネスのようなもので
弱者の見方のふりをして自らの利益を
むさぼる輩が好む発想です。

この連中は、国益なんか考えない、むしろ
国を衰退させるのが目的のような人たちです。

デフレは一見すると、物価が安くて
庶民の味方のように思えますが

そのぶん企業の収益が落ち給料も安くなる。
するとますます消費が冷え込み
企業の収益が落ちます。

そして企業は倒産するか海外に移転し
国内の産業空洞化をまねき失業者が増えます。
さらに消費が冷え込み大不況になります。

そのうえ、お札をすらないとお金の価値が
物の価値より相対的に高くなるので
企業はお金を使わずため込みます。

おまけに円高になり輸出産業は苦戦を強いられ
エルピーダの倒産、シャープやパナソニックなどの
大企業の大赤字をまねきました。

失われた20年ともいわれる日本の衰退をまねいたのが
日銀が独立性を確保しながらすすめてきた
円高デフレ政策といえるでしょう。

しかし、これからは円安で輸出産業は伸び
設備投資、雇用も増え景気は回復するでしょう。
左翼リベラルな人たちは異を唱えるでしょうけど。

アベノミクスと銘打ち、その危険性を一生懸命といて回る。
デフレの原因は産業構造にあるとか少子高齢化が原因とか。

全く無いとはいえないですが、それはミクロの話で
瀕死の日本経済にはマクロの対策が何よりも先に必要。

早急に点滴を打たなければいけないのです。
それが無期限の金融緩和ということです。

長年押し付けられてきた円高デフレという愚策から
抜け出すためには、国民自体がメディアの情報に
流されずに政治情勢を見つめないといけません。

次の参議院選挙で日本の未来が決まるといっても
過言ではありません。

日本の復興はそれからです!



posted by あんころ at 01:28| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。