2012年11月13日

スポーツにまで及ぶ中国共産党の反日



日本国籍の選手が登録できないと騒動になった北京国際マラソンに、一転して公式ホームページからの登録が可能になった。中国国内でも「度量が小さい」「みっともない」とネット上で批判が噴出したという。(産経ニュースより抜粋)

中国共産党の党大会が開催される中
徹底した反日対応がとられ一歩も譲る気配が見られない。

スポーツまで日本排除の動きに対して
中国国民からも批判の声が上がっている。

中国国民は本当はすべて分かっている。

中国共産党の一党独裁、官僚の腐敗が中国国民を苦しめてることを

中国に真の民主主義が実現したときに
真の日中友好が実現するのでしょうね(´Д`)



posted by あんころ at 11:31| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。