2013年02月19日

TPPに参加するとますますデフレになる

TPPに参加するとアジアの成長が取り込めて
GDPに貢献するといわれてますが
その貢献度は年間わずか2700億円!

これで製造業などの輸出企業は収益は伸びますが
農業、医療などマイナスの影響を受けるほうが大きい。

製造業にしても、アジアの所得は低いので
低価格の製品を提供しなければ売れません。
したがって海外の現地生産にならざるを得ない。

その結果、国内産業が空洞化してGDPは減少します。
国内にとどまろうとすれば、競争に勝つために
おのずと人件費を抑えようという圧力がかかります。

その場合も、企業は利益確保できますが個人の所得は
減少します。トータルでもGDPは減少してしまいます。
結果として消費が冷え込み益々デフレが進行します。

日米首脳会談の結果どのようになるのでしょうか?(・_・;)







posted by あんころ at 19:55| Comment(0) | 政治・社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。